合宿免許で必要な物とあると便利なグッズを紹介

合宿免許に向かう前に

合宿免許は泊まり込みになるので、基本的に自宅へ帰ることはありません。なので、忘れ物などをしたとしてもそう簡単に戻ることはできません。入念に持ち物を確認する必要があります。ここからは合宿免許に必要な持ち物を見ていきます。

合宿免許に必要な持ち物

教習所

住民票

教習所に入校する際に必要なものです。入校する本人のものでなくてはいけないので、注意して下さい。外国籍の方は、国籍などが記入されている住民票を用意するようにしましょう。

本人確認書類

本人であることを確認するための書類です。健康保険証かパスポートか住民基本台帳カードのうちどれかが必要になります。原本が必要になるということを忘れないようにしましょう。

運転免許証

運転免許証は、持っている方のみ持参することになっています。免許証に記載されている住所と現在住んでいる住所が違う場合は、あらかじめ変更しておく必要があります。

印鑑

入校時にさまざまな書類を承認するために印鑑が必要となります。認印で大丈夫なので、持参するようにしましょう。

筆記用具

筆記用具は、学科の勉強に欠かせません。シャーペンやボールペンだけでなく、鉛筆を持って行くといいでしょう。免許センターで行なう学科試験は鉛筆で行なうので、なれておくことができます。

合宿免許で必要な物とあると便利なグッズを紹介

初心者マーク

あったら便利なグッズ

ここまでは、必ず持ってこなければいけないものを紹介してきました。ですが、ここからはあったら合宿生活が便利になるようなものを紹介していきます。意外と気付かないようなものがたくさんあるので、是非参考にしてください。

教習所

コンセント

コンセントは、寮生活で必須といえるものです。多くの寮は相部屋なので、複数人で利用しますが、部屋にあるコンセントの数は限られています。なので、場合によってはコンセントの奪い合いが起こることもありますが、延長コードや三股コンセントを持っておくと、その心配がいりません。

女性

マスク

合宿免許は、短い期間で卒業するためにスケジュールがみっちりと組まれています。そんな中で風邪などの病気に掛かってしまうと、一気に卒業が遅れてしまいます。期間に余裕のある方は特に問題ないですが、社会人など余裕のない方は困ります。なので、マスクをして病気に掛かりにくいようにすることがとても大事です。

免許証

スリッパ

寮によってスリッパを備え付けている場合と、備え付けていない場合があります。寮の中を常に裸足で歩くのは意外と気持ち悪いです。後から近くの売店でスリッパを買う人がたくさんいます。なので、衛生面が気になる人は前もってスリッパを持っていくようにしましょう。

必要になるものを考える

生活を想像してみると、必要になるものが意外と分かります。日用品など無いと困るものなどは持っていくようにしましょう。女性であれば化粧品なども忘れないようにしましょう。

広告募集中